接写1cm~3cm可能!マクロ撮影に強いデジカメ比較サイト

接写デジカメのススメ

デジカメで1番大切にしているポイントは何でしょうか?

画素数、デザイン、重さ等々、使い方によって色々あると思います。今やスマートフォンでもかなり高画質な写真が撮影出来るので、スマートフォンで事足りる機能を求めて、わざわざデジカメを買い直す人は少ないでしょう。

よほど本格的な美しい写真を撮りたいというような理由がないかぎり、スマートフォンで十分と考えている方がほとんどだと思います。

 

ただ、接写』に関しては、デジカメの方が数段格上です。

 

接写とは、被写体(写真撮影するモノ)にギリギリまで寄って写真をとることです。日常生活ではまずそんな距離でモノを見ないですし、人間の視力よりもハッキリくっきり撮影出来ますから、一般的な写真と比べて段違いの臨場感、リアル感が表現できます。

「臨場感ってどれくらい?」ってことですが、実際にスマホと接写に強いデジカメで撮影した写真を比較してみると、違いがよく分かります。こちらの写真を見てみて下さい。↓

 

danbo-by-iphone6

iPhone6でダンボー(段ボール箱のフィギュア)を接写した写真です。ダンボーの右目にピントが合うようにして撮影しています。これでほぼ限界まで被写体に寄って撮っています。

ピントがギリギリ合うか合わないかまで寄って撮影してこのぐらいです。これ以上近寄ってしまうと・・・

 

danbo-by-iphone6-macro-shot

このように、もうボケボケになってしまいます。焦点を合わせようとしても、iPhoneの最短撮影距離の限界を超えてしまっているので、正確にピントを合わせることはできません。

しかし、接写に強いデジカメで撮影すると・・・

 

danbo-by-xq2

iPhoneの最短撮影距離の限界を超えて接写できます。これはFUJIFILM XQ2で接写した写真ですが、iPhoneで撮影したものと比べて、ガチッとピントが合っていて背景もキレイにボケているのがわかります。
(※画像編集ソフトでの加工は一切していません。トリミングもしていません。iPhone6、XQ2ともに、撮影したままの状態で比較しています)

もう少しわかりやすい写真で見てみましょう。

 

スフレパンケーキ接写(iPhone6で撮影)

こちら、星乃珈琲のスフレパンケーキをiPhone6で接写した写真です。スフレパンケーキの上の生クリームにピントが合うギリギリまで寄って撮影しています。

 

スフレパンケーキ接写(sx620で撮影)

こちらはCanon SX620HSで撮影した写真です。(まだ寄れますが、生クリームがレンズにつきそうだったのでやめました)

参考【食レポ】星乃珈琲店のスフレパンケーキを接写!最短撮影距離1cmの実力やいかに…

 

このように、接写に強いデジカメ、つまりマクロ性能が良いデジカメで撮影すると、感情にダイレクトに訴えかけるような写真が撮影できるわけです。

料理を撮影すれば、食欲をかき立てるような「シズル感」が増しますし、動物を撮影すれば「毛並みの触感」まで感じられるような写真が撮れます。

ちなみに、先ほどのダンボーを撮影したXQ2は被写体に3cmまで寄って撮影できます。星乃珈琲のスフレパンケーキを撮影したSX620HSは最短距離1cmまで寄って撮影できます。

 

iPhoneやAndroidなど、一般的なスマートフォンの最短撮影距離は5〜6cm程度です。

 

スマホは、しっかり本体を握りしめて撮影しにくいですから、写真がブレやすいです。また、レンズも撮像素子(センサー)もデジカメより小さいですから、たっぷり光りを取り込んだ明るい写真は撮影しにくいです。

そういった点を考えると、接写専用のデジカメを一台持っておくのは悪い選択肢ではありません

デジカメといっても、プロ級の本格的なものからチープなものまでピンキリですが、今はかなりリーズナブルな価格で高性能なデジカメもたくさんあります

本サイト「接写デジカメのススメ」では、私の独断と偏見で、10万円以内で買える接写に強いおすすめコンデジ(最短撮影距離1〜3cm)をレビューしています。接写デジカメをお探しの方は、ぜひご活用下さい。
(※コンデジとは、コンパクトデジタルカメラの略語です)

テキストではなくビジュアルで読者の感情に伝えられる写真の力は絶大ですから、特にブロガーの方は接写デジカメを一台持っておくと良いですね。

写真と記事の力で、読者をよりいっそう惹きつけることができます。

デジカメの使い方

カメラで写真を取ろうとしているこども
デジカメの基本的な使い方は、こちらの記事で紹介しています。

食べ物を美味そうに撮る方法を中心に解説していますが、どんな撮影シーンにも応用できます。

デジカメの使い方記事 一覧

初心者カメラ教室

サイタカメラ体験_01
カメラを趣味にしたい!本格的に写真の撮り方を学びたい!という人は、サイタカメラ教室をおすすめします。体験講座は無料です。

私が参加してきた感想は以下の記事で紹介しています。

サイタカメラ教室の感想

カメラの売り方

一眼レフカメラ
使わなくなった、一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ、コンパクトデジカメ、さらには壊れたデジカメまで高価買取してもらえるカメラ買い取りサイトを紹介しています。

他店より1円でも高く売りたい方は、ぜひ活用してみてください。

【カメラ買取】一眼レフにさよなら カメラ高価買取サイトおすすめ3選

写真プリント

壁に写真を貼る男性
写真を印刷して手元に残しておきたい。親戚や知人に送ってあげたいという方は、こちらの写真プリントサービスがおすすめです。

SDカードに保存した写真データの印刷にも対応。1枚3円から印刷してもらえる超低価格の写真プリントサービスを紹介しています。

ネットで写真プリント!価格の安い写真印刷サービスおすすめ3選

Copyright© 接写デジカメのススメ , 2018 All Rights Reserved.