接写1cm~3cm可能!マクロ撮影に強いデジカメ比較サイト

接写デジカメのススメ

デジカメの使い方

絞り・シャッタースピード・ISOの関係について

更新日:

カメラ本体のクローズアップ写真

さて、写真撮影で一番ややこしいと言われている「絞り」「シャッタースピード」「ISO」について学んでいきましょう。

まず、大前提として知っておいてください。このややこしい設定は、デジカメで写真撮影する上で、必ず必要なわけではありません

デジカメの使い方」の記事でも書いたとおり、「P(プログラムオート)」モードで撮影すれば、デジカメが全自動で適切な値に設定してくれます

しかし、いつもデジカメが最適な値に設定してくれるわけではありません。やっぱり、機械は完璧ではありませんからね。

また、適切な値で撮影すれば魅力的な写真が撮れるわけではありません。あえてちょっとズラした設定で撮った写真の方が、人の目を引きつける場合もあります。写真にはアート的な要素もありますので。

なので、全自動でデジカメがやってくれるとはいえ、自分で「絞り」「シャッタースピード」「ISO」の設定を調節できるようになっておくと、何かと便利です。

では、さっそく「絞り」「シャッタースピード」「ISO」について学んでいきましょう。

デジカメで写真が撮れる仕組み

デジカメで写真が撮影できる仕組みを簡単に解説します。

まず、写真を撮影するためにレンズを被写体に向けます。レンズは被写体から跳ね返った光を集めます。集めた光をイメージセンサーが受け取ります。イメージセンサーは受け取った光を電気信号に変え、写真データとしてメモリに保存します。

つまり、写真データはそもそも光によって作られているということです。なので、光を調節すれば、出来上がる写真データも変わってくるということです。

光の量が多ければ明るい写真が撮れますし、光の量が少なければ暗い写真が出来上がります。

この光の量を調節するのが、「絞り」「シャッタースピード」「ISO」なわけです。

 

絞りは、レンズから光が入ってくる入り口の大きさを調節します。

シャッタースピードは、イメージセンサーが光を受け取る時間を調節します。

ISOは、イメージセンサーが光に反応する感度を調節します。

 

絞り・シャッタースピード・ISOのそれぞれが適切な値に調節され、適切な光の量を集められると、白飛びも黒つぶれもしていない適切な写真が撮影できるというわけです。

この「絞り」「シャッタースピード」「ISO」は互いに関係し合っています。ですので、個別に理解しようとすると混乱します。

この混乱を避けるために、絞り・シャッタースピード・ISOの関係は、よく「蛇口とコップ」の関係で例えられます。

  • 蛇口=絞り
  • 蛇口を開けている時間=シャッタースピード
  • コップの大きさ=ISO
  • コップ1杯の水=適切な光の量

です。

では、「蛇口とコップ」の例に沿って、絞り・シャッタースピード・ISOを解説していきます。

絞りの役割

絞りと光量について

引用:絞り値と表現の違い | デジタルカメラ講座

絞りを開け閉めすると、レンズから光が入ってくる入り口の大きさを調節できます。蛇口を開け閉めすると、水の量を調節できるのと同じですね。

もし、蛇口を全開放していれば、水はたくさん流れます。短時間で蛇口の下にあるコップに水が溜まります。

つまり、蛇口(絞り)を大きく開けていれば、コップに水が溜まる時間は短くて済むわけです。逆に、蛇口(絞り)を小さく絞っていれば、コップに水が溜まる時間は長くなります。

「コップ1杯の水=適切な光の量」です。なので、絞りの開け閉めで、適切な光の量を集める時間を変えられるということです。

シャッタースピードの役割

シャッタースピードの違い

引用:シャッター速度と表現の違い | デジタルカメラ講座

シャッタースピードを調節すると、イメージセンサーが何秒間光を受けとるかを調節できます。蛇口とコップの例で言うと、蛇口を開けてから締めるまでの時間です。

もし、蛇口(絞り)を少しだけ開けて、1秒で蛇口を締めれば、コップに水は全然たまりませんね。蛇口を少しだけ開けて、10分後に蛇口を締めれば、コップにはたくさん水が溜まっているはずです。

つまり、たとえ絞りを絞って光の入り口を小さくしていても、シャッタースピードを長くすれば、十分な光の量を集められるわけです。

逆に、絞りを限界まで開いていれば、シャッタースピードは短くても十分な光の量を集められます。

ISOの役割

ちょっと想像してみてください。真っ暗な部屋の中で小さなロウソクが灯っているのを。

すごく光の量が少ないですよね?

こんなわずかな光の量では、いくら絞りを開けてシャッタースピードを長くしても、十分な光の量を集められません。たとえ、ロウソク自体を撮影することはできたとしても、その周りに照らされた壁や家具は、うまく撮影できそうになりません。

こういう場合、ISOの数値を上げてイメージセンサーが光に反応する感度を上げてやりましょう

イメージセンサーが光に反応する感度が上がれば、たとえ少ない光であっても適切な写真が撮影できるようになります。

蛇口とコップの例で言うと、コップそのものの大きさを変えてしまうのがISOです。

蛇口を少ししか開けず、しかも1秒で蛇口を締めてしまえば、ほとんどコップに水はたまりません。「コップ1杯の水=適切な光の量」ですから、まったく適切な量の光を集められてないわけです。

しかし、コップの大きさを1/10のサイズにしてしまえばどうでしょう?1/100のサイズでは?蛇口を少ししか開けず、1秒で蛇口を締めてしまっても、水がコップ1杯溜まりそうですよね?

「コップ1杯の水=適切な光の量」です。つまり、ISOを調節すれば、たとえ少ない光の量であっても、光が十分にある状況と同じような写真が撮影できるわけです。

おわりに

「蛇口とコップ」の例にそって解説してみましたが…どうでしょうか?逆にややこしくなってしまったかもしれませんね。(苦笑

そういうときは、冒頭の文章を思い出してください。

 

「絞り」「シャッタースピード」「ISO」の設定は、必ず必要なわけではありません!

 

「P(プログラムオート)」モードで撮影すれば、デジカメが全自動で適切な値に設定してくれます。デジカメ万歳!

 

だから安心してください。全部使いこなす必要はありません。全部使いこなせないと写真撮影してはいけないなんてルールはありません。

1年中カメラの勉強している人と、とりあえず5日ほど勉強して、残りの360日間パシャパシャ写真撮ってる人と、どちらが魅力的な写真が撮れると思いますか?断然、後者の方ですよね?

 

偶然面白い設定を見つけるかもしれません。

誰も知らない撮影場所を見つけるかもしれません。

ネットでシェアした写真が、偶然有名な写真家に見いだされるかもしれません。

 

要するに、頭でっかちに知識ばかり詰め込むんじゃなくて、パシャパシャ実践で写真撮影するほうが上達するよってことです。

もちろん、知識ゼロではお話になりませんが、勉強と実践のバランスが大切だよってことですね。

勉強と同時に何か撮影しつつ、感覚を養っていきましょう。

続き⇒被写界深度をマスターしよう!絞りでボケをコントロールする方法(※作例写真あり)

-デジカメの使い方

Copyright© 接写デジカメのススメ , 2019 All Rights Reserved.