デジカメの使い方 デジカメ初心者

デジカメの使い方(写真の撮り方)

更新日:

lx9の本体画像

さて、皆さんデジカメは購入されましたでしょうか?

デジカメって、そんなに高くなかったでしょ?1〜2万円も出せば、スマホよりきれいな写真が取れる高画質なデジカメが買えるんです。

参考CanonのSX620HS購入!接写1cm可能でコンパクト。食レポ用デジカメに最適!

もしかすると、いきなり一眼レフなどレンズ交換できるプロ用のデジカメを買おうと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、おすすめしません。一眼レフカメラは、初心者の方が1台目に買うデジカメではありません

一眼レフカメラは…

  • 持ち運びづらいですし、
  • 高いですし、
  • 10万円超えてきます。
  • クリーニングなどのメンテナンスも大変です。

結局、デジカメ買ったけど写真撮らないという非常にもったいない状態になっていまします。

もちろん、低価格デジカメで満足できないという気持ちはわかります。そういう方には、高級コンデジをおすすめします。一眼レフと同等とはいわないまでも、匹敵するほどきれいな写真が撮れます。

価格、モバイル性、メンテナンス性など、総合的に考えると一眼レフより高級コンデジのほうが優れているとすら考えられます。

参考Lumix lx9レビュー!2017年で最高の接写デジカメ。高級コンデジで唯一最短撮影距離3cm可能

私は、低価格コンデジで写真を撮り始めて、いまはステップアップして高級コンデジのlx9で写真を取っています。(※コンデジとはコンパクトデジカメのことです。デジカメと同じ意味として考えてもらって大丈夫です。)

高級コンデジは、低価格コンデジよりマニュアル操作できる部分が多いです。絞り・ISO・シャッタースピードなど、撮影者の指定した数値で写真を撮影することができます。

どこの、どの数値を、どう設定すれば、思いどおりの写真が撮影できるのか?という"写真の撮り方"を覚えるのにはもってこいです。

ということで、本記事ではlx9を例にデジカメで写真を撮る方法を解説したいと思います。

lx9を持っていなくても大丈夫です。どのデジカメでも同じような機能はありますので。どんなデジカメを持っていても応用可能です。

では、さっそく解説していきます。

シャッターを押して写真を撮る

lx9のシャッターボタンと電源ボタン

はい。まずは基本の基本。シャッターについてです。

デジカメの電源をONにして、レンズを撮影したいモノに向けて、シャッターボタンを押せば撮影完了!写真撮れてます。超簡単でしょ?

「カシャッ!」とシャッター音が聞こえたら、ちゃんと撮影できているはずです。大丈夫です。

でも、実はシャッターボタンは半押し状態と全押し状態の「二段階式」になってるんです。

グッと思いっきり押し込んで全押しすると写真が撮影されるわけですが、半押し状態をうまく活用すると、もっときれいな写真が撮れます。

撮影したいモノにレンズを向けて、シャッターボタンを半押し状態にしてみてください。「ピピッ!」と音がして、自動的に画面の中心にピントを合うはずです。

この状態でシャッターボタンを全押しすると、自分がピントを合わせたい部分にしっかりとピントが合った、キレイな写真が撮影できます。

 

レンズを撮りたいモノに向ける

シャッターボタンを半押しにしてピントを合わせる

シャッターボタンを全押しにして、写真を撮影する

 

この順番です。

ほぼ全てのデジカメは、この3ステップで写真を撮影することになります。

ズームで被写体に近づく

lx9のズームボタン

さて、シャッターボタンを押して写真は撮れるようになりましたね。

でも、もうちょっと面白い写真を撮りたくありませんか?例えば、野良猫の瞳や、電線にとまってるスズメなんかを撮りたい場合、シャッターボタン押すだけでは思うように撮影できません。自分が近くに寄って撮影する必要があります。

でも、野良猫は人間が近づくと逃げてしまいますし、電線のスズメを撮影するために電柱よじ登るわけにもいきません…。

そういうときは、ズーム機能を使いましょう。W(wide/広角)とT(Telescope/望遠)のマークの付いたボタンがズームボタンです。

lx9のコントロールリング

高級コンデジであれば、lx9のようにコントロールリングでズームを調整するものもあります。

絞りを調節して明るい写真を撮る

lx9の絞り調節コントロールリング

写真は撮れたけど、なんだか暗い…。

そんなときは、絞りF値を調節してみましょう。レンズに入ってくる光の量を調節できます。(lx9の場合は、コントロールリングでの後ろにあるリング状のダイヤルで絞りを調節できます)

撮影した写真が暗い場合、絞りが十分に開いてない可能性があります。例えばlx9の場合、絞りはF1.4〜11まで調節できます。(F値が小さいほど絞りが開いている状態を意味します)

「絞り」と、後述する「シャッタースピード」「ISO」は、写真撮影において一番ややこしい部分です。今すべてを理解する必要はありませんので、絞りを開くと明るい写真が撮れるのね。っと覚えておけば十分です。

絞り、シャッタースピード、ISOについては、以下の記事にて詳しく解説していますので、本記事の後に読んでみてください。

参考絞り・シャッタースピード・ISOの関係について

シャッタースピードを調節して明るい写真を撮る

lx9のシャッタスピード調節

絞りを調節したけど、まだ写真が暗い…。

そういうときは、シャッタースピードを調節してみましょう。シャッタースピードを早くすると、光がイメージセンサー(撮像素子)に当たる時間を短くできます。シャッタースピードを遅くすると、光がイメージセンサーに当たる時間を長くできます。

絞りを開いたけど、まだ写真が暗い場合、光の量が十分ではない可能性があります。そういう場合、シャッタースピードを遅くして、イメージセンサーに届く光の量を増やしてやればOKです。明るい写真がとれるようになります。

ISOを調節しても明るい写真は撮れる

lx9のISO調節

絞りもシャッタースピードも調節したけど、まだ写真が暗い…。

そういう場合は、ISOを調節しましょう。ISOの数値を上げると、イメージセンサー(撮像素子)の感度が上がります

イメージセンサーの感度が上がると、少ない光の量でも明るい写真が撮影できるようになります。

ただ、ISOは万能ではありません。ISOを上げすぎると、撮影した写真にノイズが発生してしまいます。

ですので、「写真が暗い?ISO上げて撮影すりゃOK!」と考えるのではなく、絞りとシャッタースピードを調節しても十分でなかった場合の手段として考えましょう。最初にISOを調節するわけではありません。

まぁ、難しく考えなくても大丈夫です。デジカメの「P(プログラムオート)」モードで撮影すれば、絞りもシャッタースピードもISOも自動で最適な数値にしてくれますから。(笑)

 

「はっ!?じゃぁ、絞りもシャッタースピードもISOも学ぶ必要ないじゃんか!」

 

と思われるかもしれませんが、一応基本を知っておくことは大切です。「ん?なんか思ったように撮影できないぞ…」というときに、どこの数値をどう調節すればいいかがわかりますからね。

でも、自動で撮影しても十分キレイな写真は撮影できますから、堅苦しく考える必要はありません。

数値や設定にこだわって、写真を撮るのがつまらなくなってしまっては本末転倒です。

カメラは写真を撮るための道具でしかありません。極論、写真が撮れればいいわけです。『完璧に!何一つ間違いのない設定で!究極の1枚を撮る!そうでないものは全て失敗だ!』なーんてことはありません。

今のデジカメはほぼ自動でキレイな写真を撮ってくれます。それで必要十分なレベルはクリアしています。後はプラスアルファの部分です。

撮影した写真はメモリーカードからパソコンに保存する

lx9のメモリーカードスロット

写真撮れましたか?

適当にパシャパシャ撮影してみてください。撮影した写真はデジカメにセットしたSDカードに保存されています

でも、このままでは、撮影した写真を加工することも誰かにメールで送ることもできません。ですので、SDカードからパソコンに保存しましょう。

SDカードからパソコンに写真を保存するには、SDカードリーダーを使います。SDカードリーダーは1000円程度で売ってます。

>>Transcend SDカードリーダー(USB3.0)

SDカードリーダー

SDカードをSDカードリーダーに挿してから、SDカードリーダーをパソコンに接続してみましょう。SDカードに保存された写真のデータがパソコンに表示されます。あとはそのデータをパソコンに保存すれば完了です。

おわりに

レッドロックのローストビーフ丼

参考【食べ歩き】レッドロックで噂のローストビーフ丼を接写!肉山盛り!

写真撮影から撮影した写真をPCに保存するまで、できました?

後はパシャパシャ撮りまくるだけです。撮っていくうちに気になる部分が出てくるはずです。写真が暗い、写真がブレる、構図が気に入らないなどなど。

そうなったときに、分からない部分を一つづつ解決していけばOKです。いきなり全部覚える必要はありません。まずは適当でもたくさん撮ってみることが大切です。

さぁ、外出ましょ。写真撮りに行きましょ!

続き⇒絞り・シャッタースピード・ISOの関係について

-デジカメの使い方, デジカメ初心者

Copyright© 接写デジカメのススメ , 2019 All Rights Reserved.